1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 完成品のロボットが学習雑誌『小学8年生』の付録に登場

2017年8月31日

完成品のロボットが学習雑誌『小学8年生』の付録に登場

小学館は30日、手のひらサイズの小型エデュケーション・ロボット「TABO8」を付録にした学習雑誌「小学8年生」特別号を、数量限定で12月中旬に発売すると発表した。A5判32ページで1万9800円(税込)。

hachi「TABO8」は、先進テクノロジー企業の2社、プログレス・テクノロジーズとバスキュールの共同プロジェクト「touch.plus」で開発された「TABO」がベースになっている。

プロジェクトの理念に共感したこの2社の協力のもと、小学館オリジナルとして新たな機能を得て生まれ変わった。

同ロボット「TABO8」が付録で付く「小学8年生」特別号の予約開始は10月10日からで、12月中旬から順次発送の予定。予約方法は、「小学8年生」第4号(9月28日ごろ発売)で発表予定という。数量限定商品のため、予約が予定数に達した場合、予約期間内でも受付けを締め切る。

関連URL

小学8年生

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録