1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 朝日小学生新聞ほか、小学生がプレゼン資料競うコンテスト 応募受付中

2017年12月1日

朝日小学生新聞ほか、小学生がプレゼン資料競うコンテスト 応募受付中

朝日学生新聞社は11月30日、朝日小学生新聞とWDLC (ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム) が共同主催して、子どもたちがプレゼンテーションの大切さや方法を学ぶきっかけとして「あなたの学校・地元の魅力を広げる!アイデアプレゼンコンテスト」を開催することを発表、受付を開始した。締切は来年1月15日。

1201-asaテーマは「わたしたちの学校」と「わたしたちの住んでいる地元」。いずれかのテーマを選び、プレゼンテーションの資料を作って応募する。応募資格は小学生 (個人または4名までのグループ)。提出するものは、マイクロソフトのパワーポイントを使用したプレゼンテーション資料 (作品) と応募用紙 (郵送で応募の場合のみ)。作品にはオリジナルのスライドはもちろん、「楽しもうOffice」内にあるパワーポイント・テンプレートを使ってもかまわない。

最終審査会で選ばれた5作品の制作者を2月3日 (土) に東京・品川の日本マイクロソフト本社に招き、専門家の指導によって応募作品を最新のパソコンで改良するワークショップを開催、最後に出来上がった作品をプレゼンテーションしてもらい、各賞を決定する。

応募方法

Webでの応募 : コンテスト公式サイトからアップロード
郵送での応募 : CD-RまたはA4サイズにプリントアウトして送付
送付先 : 〒104-0028東京都中央区八重洲2-1-6八重洲kビル7F
「プレゼンコンテスト」事務局 (ドゥ・クリエーション内)
締切:1月15日 (月) 必着

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス