1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 学研×Gifte!、Scratchでゲーム開発「小学生版ハッカソン」1月開催

2017年12月13日

学研×Gifte!、Scratchでゲーム開発「小学生版ハッカソン」1月開催

学研プラスが提供する学びのポータルサイト「学研ゼミ」は、Gifte! (ギフテ) を運営するみらいスクールと共同で、小学生向けのプログラミングツールScratchを使った「小学生版ゲーム開発ハッカソン」を、来年1月に2日間にわたり東京・日本橋で開催する。

d2535-1399-274998-2参加者にはチームで役割を分担し、オリジナルのアクションゲームを創っていく本番さながらのゲーム開発を体験してもらう。参加者全員に学研まんが入門シリーズ『はじめてのプログラミング』を教材として提供し、書籍に沿ってScratchの使い方から、チームでのゲーム制作、完成発表会まで取り組んでいく。同書の著者でチェリービット代表取締役の橋爪香織氏自らがメイン講師を務める。

子どものやる気と適性に合わせて役割分担とチーム (1チーム3~4人) を編成。ゲーム開発の分担・協力を通じて、リアルなエンジニア体験を味わってもらう。ゲーム制作では、各チームに1人専任のサポータースタッフが入って一緒に取り組むので、安心して参加できる。

同社では、ゲームを作るという目的に向かって、1人ではなくチームで取り組むモノづくりの体験を通じて、未来を生きるために必要な力を育んでもらいたいと期待している。

イベントの概要

開催日時 : 1日目 1月21日 (日) 9:30~12:00、2日目 1月28日 (日) 9:30~12:30
開催開場 : キッズ・ジャンプ・プログラミング [東京都中央区日本橋馬喰町1-5-15 azuro bakuro 3F]
対 象 : Scratch経験のある (ScratchのユーザIDを持っている) 小学校4年生から6年生
参加費 : 1名あたり1万6200円 (税込) (全2回分) *教材として使用する『はじめてのプログラミング』付き

詳細・申込

関連URL

学研まんが入門シリーズ『はじめてのプログラミング』

学研ゼミ

Gifte!

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス