1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 少人数制の児童向けプログラミング教室が27日、都内にオープン

2018年1月15日

少人数制の児童向けプログラミング教室が27日、都内にオープン

グローバルポケットは、プログラミング教育を児童が楽しく、達成感を持って学べる少人数制の教室「こどもプログラミング勝どき・月島教室」を、27日にオープンする。

同教室では月2回・1回90分。毎回異なったテーマのロボットを児童一人ひとりが自分の力で組み立て、自分の組み立てたロボットにタブレット操作でプログラミングを行う。

ロボットはブロック玩具で組み立てるので、児童は自発的に、飽きずに学習ができるという。プログラミングはキーボード入力が不要のため、小さな子どもでも始められる。

同教室での使用教材はレゴエデュケーション社のマインドストームEV3、Wedo2.0。使用端末はiPad Air。費用は入会金1万5300円、教材準備金2万4000円、月額授業料1万5300円。

従来のパソコン教室などによるプログラミング教育は、高度なタイピング操作を伴うなどの理由から、子どもにとっては難易度が高く、本来の目的である「プログラミング的思考」が身につくまで継続することが難しいという声があった。

「こどもプログラミング勝どき・月島教室」では、こうした難点を取り除き、プログラミング的思考の学習を継続可能にした教室だという。

関連URL

子どもプログラミング

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ