1. トップ
  2. データ・資料
  3. VR体験者の約4割が「勤務先で活用可能性がある」と回答

2018年1月25日

VR体験者の約4割が「勤務先で活用可能性がある」と回答

インプレス総合研究所は24日、新産業調査レポート「VRビジネス調査報告書2018・業務活用が進むVR/AR/MRの動向と将来展望」の概要を公表した。

d5875-1988-784816-0VRのビジネス活用に焦点をあてて、市場の全体動向、産業別の動向、関連企業の動向、消費者の体験状況などを多角的に調査しまとめた同レポートは、29日に発売予定。

主な調査結果を見ると、モバイルユーザーに「VR」という言葉を知っているかの問いに「よく知っている」が26.5%、「なんとなくわかる」が44.5%、「言葉だけは知っている」が16.6%で、これらを合計した認知度は87.6%だった。

一方、「AR(オーギュメントリアリティ・拡張現実)」や「MR(ミックスドリアリティ・複合現実)」については、VRと比較すると認知度は低く、ARの認知度が34.0%、MRの認知度は20.3%。

VR用ヘッドセット(ゴーグル)を、「見たことがある」人は21.2%で、画像や写真で見たことがある人は61.3%。両者を合計した82.5%がヘッドセットを認知していた。

d5875-1988-592136-1ヘッドセットを実際に見たことがある人のうち、この1年間にVRを体験したことがあるのは65.6%。これは調査対象者全体の13.9%に相当。よく体験している人は13.1%(調査対象者全体の2.8%)で、体験者の中でも大部分は1~数回程度の体験だった。

VRを体験した場所は、「自宅」が43.3%で最も多く、「イベント会場」24.1%、「アミューズメント施設」19.1%と続く。

VRで体験した内容は、「ゲーム機やPC用のゲーム」が27.6%、「映像コンテンツ(実写)の鑑賞」25.8%、「映像コンテンツ(アニメ・CG)の鑑賞」23.7%、「スマートフォン用のゲーム体験」21.2%の順で、エンターテイメントでの体験が上位を占めていた。

次に、働いている人を対象に、勤務先企業でVRの活用可能性があるか聞いたところ、「非常にあると思う」が11.1%、「ややあると思う」が27.6%で、合計38.7%が勤務先の業務でVR活用の可能性があると回答している。

また、「活用可能性がある」と回答した人にその用途を尋ねると、「研修やトレーニング」が48.2%、「顧客への商品説明やプレゼンテーション」37.0%、「製品の設計やデザイン」31.2%、「商品やサービスのプロモーション・広告」30.1%という順だった。

「VRビジネス調査報告書2018」は、CD(PDF)版6万8000円、CD(PDF)+冊子版7万8000円(ともに税別)。

関連URL

調査報告書の詳細と予約

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 主催:関西学院高等部、Classi(株) 探求学習×ICTカンファレンス2020 ICTでより深める探求学習のデザイン 開催日2.24(月・祝)
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス