1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「来春の新卒採用」7年連続で増、早期化も鮮明に 学情調査

2018年3月26日

「来春の新卒採用」7年連続で増、早期化も鮮明に 学情調査

学情は24日、全国の企業を対象とした2019年新卒採用計画の調査結果を「採用動向調査レポート」としてまとめ発表した。
同調査は、今年1月5日~31日、全国の企業および団体にWEBアンケートで実施。有効回答数は1840件。調査から、企業の新卒採用意欲がさらに旺盛になり、早期化が一層進む傾向が明らかになった。
0326-gj2
まず、採用予定数は「増やす」が26.1%で、前年の23.6%を2.5ポイント上回った。前年調査から続伸している。「増やす」と「減らす」(4.6%)とのポイント差も21.5ポイントと、前年の18.6ポイントを2.9ポイント上回り、企業の採用意欲は前年以上に高まっている。

0326-gj3
採用(広報)予算も、「大幅に増やす」+「やや増やす」が前年比2.4ポイント増の34.5%。「大幅に減らす」+「やや減らす」は前年と同水準の9.2%で、前年以上に予算を掛けて採用活動に臨む傾向が見られる。

0326-gj4
また、2019年卒学生を対象とするインターンシップを「実施している」企業は56.5%。前年比17.9ポイント増と大幅に伸びており、2019年卒学生向けから初実施という企業も多かった。

インターンシップの告知に使う広報ツールは「就職情報サイト」が84.8%で最多で、他を大きく引き離した。「インターンシップイベント」(37.7%)、「大学内での告知物配布・掲示(自由応募)」(34.6%)がそれに次ぎ、インターンシップ実施企業の裾野が広がる中、より多くの学生の目に留まるような施策が採られている。

就職情報サイトへのインターンシップ募集情報掲載時期は「6月」が29.2%で最多。主要就職情報会社のインターンシップサイトがオープンする6月に合わせて、情報を掲載する企業が多い。

関連URL

採用動向調査レポート

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録