1. トップ
  2. データ・資料
  3. コロナ禍で就職活動を不安視する学生が増加、面接受験社数も減少=学情調査=

2020年5月29日

コロナ禍で就職活動を不安視する学生が増加、面接受験社数も減少=学情調査=

学情は28日、2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生合計972人を対象に実施した、「就職活動に関するインターネットアンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、「内定(内々定)獲得の自信」の程度を聞く設問では、「自信がない」(18.3%)と「あまり自信がない」(31.7%)の回答が半数を占め、昨年同時期に実施した2020卒の調査と比較すると、5.4ポイント増加した。

新型コロナウイルスの影響で、景気の先行き不透明感や、説明会や選考が例年と同じようには実施されていないことを受け、就職活動を不安視する学生が増加していると推察される。

面接受験社数については、調査を実施した4月下旬時点で「0~5社」という回答が最も多く、昨年同時期比18.5ポイントの増加。「6社以上の面接に参加した」という回答が減少しており、面接受験社数が減少していることが分かる。

一方、現在までのセミナー参加社数(対面でのセミナーだけでなく、オンラインで参加するWebセミナー含む)は、「1~10社」と「11社~20社」の回答が、昨対同時期比7.3ポイントの減少。「21社以上参加した」という人が増加した。

今年は、時間と場所を選ばずにオンラインで視聴できるWebセミナーの参加が増えたことや、緊急事態宣言の影響を受け面接などの選考を一時中断した企業も一定数あったことから、セミナー参加に時間を割く学生が増加したと考えられる。

就職活動時の企業選びのポイントについては、「安定している企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」がトップで、「安定志向」や「プライベート重視な志向性」が堅調であることが分かる。

一方、「転勤のない企業」が5ポイント以上減少し、「海外で活躍出来る機会のある企業」や「社会貢献性の高い企業」が増加に転じた。「転勤をいとわず海外での活躍も視野に入れる学生」「社会貢献性の高い仕事を希望する学生」が増えていることが分かる。

景気の先行き不透明感から、内定獲得のためには「転勤のある求人」も選択肢に入れる学生が微増し、海外でも通用する語学力やビジネススキルを身に付けたいと考える学生が増加していると推察される。

このアンケート調査は、「あさがくナビ2021」の登録会員を対象に、4月20日~30日にかけて、「あさがくナビ2021」トップページとメルマガでアンケート回答を依頼する形で実施した。有効回答数は972人。

関連URL

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス