1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 大賞は9歳と15歳のクリエイター、作品投稿イベント「クリエイティブマッチ」

2018年4月23日

大賞は9歳と15歳のクリエイター、作品投稿イベント「クリエイティブマッチ」

LITALICOのものづくり専門塾「LITALICOワンダー」は、子ども向け作品共有サービス「Creatubbles (クリエイタブルズ)」を開発・提供するCreatubbles Japanと共同で開催した作品投稿イベント「クリエイティブマッチ」の大賞・ナイス賞を、20日に公式Webサイトで発表した。

d25994-44-498443-0「クリエイティブマッチ」は、ITとものづくりに興味のある子どもに向けたテーマ対抗型のオンライン作品投稿イベント。

「ゲーム&アプリプログラミング」「ロボット&デジタルファブリケーション」「デザイン&ミュージック」の3つの作品カテゴリごとに、「過去」と「未来」というテーマに分かれて作品を制作して投稿し、どちらのテーマがより多くのバブル (いいね) を集められるかを競った。2月28日~4月8日までの応募期間に、最年少6歳からの応募をはじめ379件の応募、総バブル数2702件の参加があったという。

大賞にあたるLITALICOワンダー賞には、15歳のクリエイターネーム「ws17042001」さんがScratchで制作した、原始人がイノシシを狩るアドベンチャーゲーム『原始人の肉集め!』が、またCreatubbles賞には、9歳のクリエイターネーム「カルタ0208」さんが教育版レゴ マインドストームEV3で製作した、鉄のボールがつくったコースの上を永遠に回るロボット『無限大ロボ』が、それぞれ選ばれた。

その他にもデザイン性やアイデアのユニークさなどを評価したナイス賞も同時に発表された。審査はLITALICOのCTO岸田崇志氏とCreatubbles JapanのCEOポール・グリーンバーグ氏が務めた。

関連URL

クリエイティブマッチ

LITALICOワンダー

Creatubbles

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス