1. トップ
  2. 学校・団体
  3. オンキヨー×至学館大、AI搭載食トレアプリの事業化を共同研究

2018年4月5日

オンキヨー×至学館大、AI搭載食トレアプリの事業化を共同研究

オンキヨーは4日、至学館大学との間で、産学連携に関する協定書の締結を行い、AI搭載食トレアプリ「food coach」の事業化をはじめとする各種共同研究を開始したと発表した。

d27644-61-233326-3オンキヨーグループは「スポーツ栄養に関連する技術連携を行うことで自社事業の質を高めること」、至学館大学は「スポーツ栄養学の専門知識を持った管理栄養士を育成する(健康科学部栄養科学科)こと」を目的に今回、協定を取り交わした。

連携・協力を予定している内容は、①スポーツ・運動分野の管理栄養士教育への連携・協力、共同研究、②スポーツ・運動分野の栄養に関する事業への協力、技術連携、共同研究、③至学館大学が開発支援した食トレAIアプリ「food coach」の具体的な共同事業化、準備室、合弁会社設立等の検討など。

産学連携の具体化の第一段階として、オンキヨーが4月2日付で設立し至学館大学が出資する予定の「オンキヨースポーツ」で、アスリートのためのAI搭載食トレアプリ「food coach」の事業を開始する。

「food coach」は、オンキヨーとティアックの合弁会社「ティアックオンキヨーソリューションズ」が、至学館大学スポーツ栄養サポートチームの協力を得て、アプリとAIとの接続の開発を行ったもの。

関連URL

food coach

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス