1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. センサーを使って光や気温をExcelでグラフ化「Dr.シンプラーZ」発売

2018年5月11日

センサーを使って光や気温をExcelでグラフ化「Dr.シンプラーZ」発売

ゼッタリンクスは10日、アーテックが発売するプログラミング教材「アーテックロボ」の各種センサーに対応した小学校向けOffice操作支援ソフト「Dr.シンプラーZ プログラミング教育セット」に「Excel連携ツール」を追加した。

Dr.シンプラーZ プログラミング教育セットの全体イメージ

Dr.シンプラーZ プログラミング教育セットの全体イメージ

新たに追加された「Excel連携ツール」では、「アーテックロボ」の光センサーや温度センサーの値を取り込んで、簡単にExcelの表やグラフを作成することができる。

温度や光、音などの身の回りの事象をセンサーを使って測定し、ビジュアルプログラミングで表やグラフにすることで、「一日の気温の変化」や「ふりこの往復する時間」など、理科や算数の観察や実験と連動してプログラミング教育を行うことができるようになる。これにより、授業の理解度を深めるとともに、授業時間の有効活用につながることが期待される。

関連URL

Dr.シンプラーZ 詳細1

Dr.シンプラーZ 詳細2

教科連携マップのダウンロード(PDF)

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録