1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 練成会グループ全校の中学部塾生にAI型タブレット教材「Qubena」導入

2018年5月11日

練成会グループ全校の中学部塾生にAI型タブレット教材「Qubena」導入

COMPASSは10日、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」が、今年4月から練成会グループ全校の中学部塾生を対象に導入されたことを明らかにした。

d24557-10-371052-0「Qubena」ではAIを活用して、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずきの原因となっているポイントを特定し、各生徒が解くべき問題へと自動的に誘導して、効果的で効率的な学習を実現する。

練成会は北海道、東北 (山形・青森・仙台) で小中高校生を対象とした学習塾を展開している。同会では2017年7月から中学1、2年生を対象に「Qubena」を導入してきたが、その教育効果の高さが確認されたことから、グループ全校178校に通う中学部塾生への導入に拡大することとなった。

主に、授業前予習 (反転授業)、授業後復習などの自宅学習と、その進捗状況や理解度の把握に活用しており、特に予習での反転学習に利用して、従来の1.5倍~2倍の速度で学習が進むという結果が得られたという。

関連URL

練成会グループ

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス