1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 練成会グループ全校の中学部塾生にAI型タブレット教材「Qubena」導入

2018年5月11日

練成会グループ全校の中学部塾生にAI型タブレット教材「Qubena」導入

COMPASSは10日、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」が、今年4月から練成会グループ全校の中学部塾生を対象に導入されたことを明らかにした。

d24557-10-371052-0「Qubena」ではAIを活用して、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずきの原因となっているポイントを特定し、各生徒が解くべき問題へと自動的に誘導して、効果的で効率的な学習を実現する。

練成会は北海道、東北 (山形・青森・仙台) で小中高校生を対象とした学習塾を展開している。同会では2017年7月から中学1、2年生を対象に「Qubena」を導入してきたが、その教育効果の高さが確認されたことから、グループ全校178校に通う中学部塾生への導入に拡大することとなった。

主に、授業前予習 (反転授業)、授業後復習などの自宅学習と、その進捗状況や理解度の把握に活用しており、特に予習での反転学習に利用して、従来の1.5倍~2倍の速度で学習が進むという結果が得られたという。

関連URL

練成会グループ

COMPASS

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録