1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 自宅でプログラミングを学べるSTEM玩具「mBotピンク」登場

2018年5月15日

自宅でプログラミングを学べるSTEM玩具「mBotピンク」登場

Makeblockは14日、自宅でプログラミングが学べるSTEM教育玩具「mBotピンク」を一部家電量販店や百貨店、SoftBank SELECTIONオンラインショップなどのECサイトで販売開始した。

mbot_pink「mBot (エムボット)」は、STEM分野の知識を学ぶため、初心者向けに設計された教育用ロボットキット。30分ほどで、子どもでもドライバーを使って簡単に組み立てることができる。光センサー、超音波センサー、ライントレースセンサーの3つのセンサーを搭載しており、障害物を避けたり線をなぞって走行したりとさまざまな遊び方ができる。

iOS、Android向けの2つのアプリ「Makeblock」と「mBlock」や、Scratchをベースに開発されたWindows/MacOS向けビジュアルプログラミングソフト「mBlock」3.0が無料で提供されており、ブロックをドラッグ&ドロップして簡単にプログラミングの学習もできる。

また、別売りの拡張パックを組み合わせることで、いろいろな機能を持ったロボットに変形できる。子どもが楽しみながら自ら考えてプログラミングを学習し、論理的思考・創造性・問題解決能力を養うことができるという。

今回発売された「mBotピンク」は、昨年2月から販売している青色の「mBot」の色違い商品となる。対象は8歳以上。標準価格1万4000円 (税別)。

関連URL

SoftBank SELECTIONオンラインショップ

Makeblock

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス