1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 小学生対象の「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」

2018年6月7日

小学生対象の「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」

小学生向けSTEM教育スクール「ステモン」を運営するヴィリングは、オライリー・ジャパンと共同で、小学生を対象に社会問題を解決するためのアイデアを募集するコンテスト「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」を開催する。

0607-stコンテストは、家族など身近な人たちや学校、地域、世界への関心を高め、自分たちでも解決できるという視点と自信を子どもたちに身につけてもらうことを目的として行われる。また、同コンテストのために考えたアイデアを、将来子どもたち自身が実現できるような教育環境を、大人たちが作っていくきっかけとなることも目的としている。

小学校低学年 (1~3年生) と小学校高学年 (4~6年生) の2部門で募集。グループやクラスでの応募も可能。日本在住の小学生が対象で、性別・国籍は問わない。問題を発見する力、その問題を解決する発想のユニークさ、発見した問題とその解決方法をわかりやすく伝える力を基準に、多摩美術大学情報デザイン学科の久保田晃弘教授、情報通信総合研究所の平井聡一朗氏らが審査を行う。

募集期間は6月4日~7月2日まで。最優秀賞、優秀賞に選ばれた人には各種プレゼントが贈呈されるほか、オライリー・ジャパンが運営する「Maker Faire Tokyo 2018」で授賞式が行われる。

関連URL

こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス