1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Wantedlyプロフィールの「紹介文」を埋めているユーザーはスカウトが4倍

2018年7月24日

Wantedlyプロフィールの「紹介文」を埋めているユーザーはスカウトが4倍

ウォンテッドリーは23日、会社訪問サービス「Wantedly Visit」のスカウト機能で、ユーザーがスカウトされやすい「プロフィール条件」を調査した結果をまとめ発表した。

それによると、プロフィールの「紹介文」を埋めているユーザーは、埋めていないユーザーに比べて、4倍スカウトされやすいことが判明。

また、プロフィールの「このさきやってみたいこと」が埋まっているユーザーは、埋めていないユーザーに比べて、2倍スカウトされやすいことも分かった。

「Wantedly Visit」でも、企業からユーザーにアプローチすることができるスカウト機能をオプションで設けており、スカウト機能を利用する企業の数が前年と比べて2倍に増加している。

「Wantedly Visit」は、共感で会社とビジネスパーソンをマッチングすることを目的としたサービス。

企業のスカウト機能に対する需要が高まっている中で、「Wantedly」のプロフィールを充実させることがユーザーのセルフブランディングにつながっているという。

特に、プロフィールの「紹介文」や「このさきやってみたいこと」は、ユーザーがこれまでどのような経験をし、どのような思考性なのかが見える項目。

今回の調査を受け、企業の採用担当者はスカウトを送る際に、自社とのカルチャーマッチ度を図りやすい項目に注目していることも分かった。

関連URL

ウォンテッドリー

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録