1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 教育イベント「未来の先生展2018」タイムテーブルを公開

2018年7月6日

教育イベント「未来の先生展2018」タイムテーブルを公開

未来の先生展2018実行委員会は、多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした「未来の先生展2018」を、9月15日と16日の2日間、東京・渋谷の聖心女子大学で開催する。それに伴い、タイムテーブルを公式サイト上で公開している。

レゴを用いたプログラミングワークショップ

レゴを用いたプログラミングワークショップ

「未来の先生展2018」は昨年初めて開催された教育イベント。昨年は、現役の教師だけでなく、教育系NPOや教師を志望する学生、企業のCSR担当者など、2日間で3000人を超える参加者があったという。

今年は「再構築 (リストラクチャリング)」がテーマ。学校教育・各教科教育・オルタナティブ教育・生涯教育など、それぞれの領域・分野で活動している人たちが一カ所に集まることで、日々変わる社会を踏まえ、教育の未来をリードする新たな知見や取り組みが生まれ続ける源泉となることを目指している。

出展団体は教科教育・芸術・ICT・オルタナティブ教育など幅広い領域をカバーしており、教室での講演やワークショップのほか、ポスターセッション、ブース展示など、合計150以上のプログラムの実施を予定している。

また、「人工知能やロボットが生活に浸透していく21世紀の子どもたちにとって、必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて論じたドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」の上映会とミニワークショップも実施する。

イベントの概要

開催日時 : 9月15日 (土) と16日 (日) 両日とも10:00~20:00 (9:30開場)
開催会場 : 聖心女子大学 [東京都渋谷区広尾4-3-1]
チケット : 高校生以下は無料
前売券 : 一般3000円/学生1500円、当日券 : 一般4000円/学生2000円 (いずれも税込)
*「振り返りセッション」や「交流会付き」のチケットも販売中。チケット購入者は2日間にわたるすべてのプログラムに参加できる。

詳細

関連URL

チケット購入サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス