1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 教育イベント「未来の先生展2018」タイムテーブルを公開

2018年7月6日

教育イベント「未来の先生展2018」タイムテーブルを公開

未来の先生展2018実行委員会は、多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした「未来の先生展2018」を、9月15日と16日の2日間、東京・渋谷の聖心女子大学で開催する。それに伴い、タイムテーブルを公式サイト上で公開している。

レゴを用いたプログラミングワークショップ

レゴを用いたプログラミングワークショップ

「未来の先生展2018」は昨年初めて開催された教育イベント。昨年は、現役の教師だけでなく、教育系NPOや教師を志望する学生、企業のCSR担当者など、2日間で3000人を超える参加者があったという。

今年は「再構築 (リストラクチャリング)」がテーマ。学校教育・各教科教育・オルタナティブ教育・生涯教育など、それぞれの領域・分野で活動している人たちが一カ所に集まることで、日々変わる社会を踏まえ、教育の未来をリードする新たな知見や取り組みが生まれ続ける源泉となることを目指している。

出展団体は教科教育・芸術・ICT・オルタナティブ教育など幅広い領域をカバーしており、教室での講演やワークショップのほか、ポスターセッション、ブース展示など、合計150以上のプログラムの実施を予定している。

また、「人工知能やロボットが生活に浸透していく21世紀の子どもたちにとって、必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて論じたドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」の上映会とミニワークショップも実施する。

イベントの概要

開催日時 : 9月15日 (土) と16日 (日) 両日とも10:00~20:00 (9:30開場)
開催会場 : 聖心女子大学 [東京都渋谷区広尾4-3-1]
チケット : 高校生以下は無料
前売券 : 一般3000円/学生1500円、当日券 : 一般4000円/学生2000円 (いずれも税込)
*「振り返りセッション」や「交流会付き」のチケットも販売中。チケット購入者は2日間にわたるすべてのプログラムに参加できる。

詳細

関連URL

チケット購入サイト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録