1. トップ
  2. データ・資料
  3. デジタル・ナレッジ、「企業の新卒研修」の実態を調査

2018年10月3日

デジタル・ナレッジ、「企業の新卒研修」の実態を調査

デジタル・ナレッジのeラーニング戦略研究所は2日、従業員100人以上の企業で新入社員研修を実施している人事・研修担当者を対象に行った「2018年度・新入社員研修の現状と課題についてのアンケート調査」の結果をまとめ発表した

f8170ef7e02396fc1e89a6b7ba91d172それによると、近年の新入社員研修には2つの傾向が見えてきたという。1つは、従来の「講義型・ビジネススキル主体の研修」から、「グループワーク型・主体性、協働力、コミュニケーション力重視の研修」へのシフト。

今回のアンケート調査では、「受講者が主体的にやるものが多い」「個人のワーキングからグループでのワーキングに変わってきた」「ビジネスマナーからコミュニケーション主体に変化してきている」など、実に7割が「新入社員研修は近年変化している」と回答している。

もう1つの傾向は、「アダプティブラーニング」への期待。企業の研修担当者に新入社員研修の課題を尋ねたところ、「個々の新入社員に特化したコンテンツの検討」「配属先により研修内容を変化させる」「もっと社員ごとに個別指導的なのをやりたい」といった意見が一定数見られたという。

パーソナライズされた学習を実現する、いわゆる「アダプティブラーニング」は、主に学校教育や民間教育サービスで広がりつつある教育手法だが、近年、企業研修での活用も注目されている。

この調査は、全国の従業員100人以上の企業で、新入社員研修を行っている人事・研修担当者100人を対象に、6月14日~18日にかけ、Webアンケート方式で実施した。

関連URL

調査報告書ダウンロードページ

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
チャーピーと自宅で毎日英会話! English Every Day! Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス