1. トップ
  2. データ・資料
  3. キヤノンITS 、2018年10月のマルウェアレポートを公開

2018年12月13日

キヤノンITS 、2018年10月のマルウェアレポートを公開

キヤノンITソリューションズのマルウェアラボは12日、国内で利用されているウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ・ソフトウェア・シリーズ」のマルウェア検出データをもとに、2018年10月のマルウェア検出状況を分析し、ウェブサイトにレポートを公開した。

d1375-464-360102-0それによると、10月に最も多く検出されたマルウェアは、9月に引き続き、Web閲覧中に不正広告を表示させる可能性のあるスクリプトJS/Adware.Agentだった。検出数は、8月や9月に比べて落ち着いてはいるものの、依然として高い水準にあるという。

HTML/ScrInject、JS/Redirector、JS/CoinMiner、JS/Adware.Subprop、Win32/RiskWare.PEMalformもJS/Adware.Agentと同様にWebブラウザーを利用するマルウェアあるいはリスクウェアで、検出数上位の過半数を占める形になった。これは、サイバー犯罪の主要な手段としてWebが広く利用されていることを示している。

そのほかに、PDFファイルを装った「.arj」という拡張子のファイルもばらまき型メールの添付ファイルとして確認されている。このファイルの実態はZIPファイルで、バックドアとみられる実行ファイルが格納されている。

この実行ファイルは古いVisual Basicで作成されており、感染するとシステムに常駐して外部と継続的に通信を行う。その結果、遠隔操作やボット化、2次マルウェアへの感染などの被害を受ける可能性がある。

10月24日以降、バンキングマルウェア感染を目的とした、新たなばらまき型メールも観測されている。メールにはExcelファイルが添付されている。Excelファイルはダウンローダーとして機能し、最終的にバンキングマルウェアをダウンロードする。

また10月17日、ESET社が重要インフラを狙うマルウェア「GreyEnergy」による攻撃手法の詳細を公表した。GreyEnergyは過去3年の間、ウクライナやポーランドなど中東欧の国々のインフラに対する攻撃に関与していたとみられている。

関連URL

2018年10月 マルウェアレポート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス