1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クリスタルロード、親子起業で12歳の社長が誕生

2018年12月18日

クリスタルロード、親子起業で12歳の社長が誕生

千葉県在住の12歳の中学1年生・加藤路瑛さんと、母親の咲都美さんが、親子起業スタイルでクリスタルロードを今月13日に設立した。

取締役社長 加藤路瑛氏

取締役社長 加藤路瑛氏

役職は、 路瑛さんが取締役社長で、咲都美さんが代表取締役。現在、社長になるための年齢制限はないが、法人登記に必要な印鑑証明は15歳未満は取得できない。

そこで、親が代表取締役として法人登記し、子どもが取締役社長として就任。子どもが「社長」と名乗り主体的に活躍できる起業スタイルをとった。

こうした親子起業は、登記方法がユニークだが、「ビジネスパートナー」という新しい親子関係が生み出されること、子どもの未来の可能性を広げられることがメリットだという。

資金調達は、CAMPFIREが運営するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で、今年9月14日からプロジェクトを公開し、45日間で目標金額46万円を大幅に上回る115万4500円(パトロン88人)の支援金を集めることができた。

その支援金を資本金にしてクリスタルロードを設立。事業内容は、子どもたちの生きる力を育てる事業、子ども起業支援・親子起業支援事業の2つ。

また、11月19日に小中高生のための職業探究ウェブメディア「TANQ-JOB」をリリースした。小中高生に、子どもの起業や稼ぎ方の情報など様々な職業情報を届けるのが目的。路瑛さんが編集長を務め、運営は全て小中高生で行う。

同社は、寝台列車「北斗星」をそのままホテルとして再現している「トレインホステル北斗星」内の東京都中央区に本社を構えている。

「12歳社長が作った会社が寝台列車北斗星の中にあったら面白い」と、同ホステルを運営するR.projectと交渉し、場所の提供を得たという。

関連URL

クリスタルロード

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス