1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドキュメンタリー映画感想文コンクール、最優秀賞は女子高生

2019年3月12日

ドキュメンタリー映画感想文コンクール、最優秀賞は女子高生

アジアンドキュメンタリーズは、「ドキュメンタリー映画感想文コンクール」の表彰式を、9日に東京・原宿のミニシアター「CAPSULE」で開催した。

0312-dc

最優秀賞を受賞した伏島さんと審査員長の猪瀬氏

このコンクールは、アジアの相互理解を深める機会をつくるのを目的に、募集期間中に配信された55本のドキュメンタリーを対象に実施。

応募総数は193作品(学生の部137作品、一般の部56作品)で、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、入賞4作品を表彰。表彰式には北海道や愛知、群馬など全国から関係者が集まった。

最優秀賞は、ぐんま国際アカデミー高等部1年の伏島伽耶さん。ドキュメンタリー映画「ソング・オブ・ラホール」を観て、ドキュメンタリーは自分を見つめ直すきっかけになり、他者の話ではなく自分の話だと再認識したという。

「ソング・オブ・ラホール」は、パキスタンの音楽家たちの活動を記録した作品。パキスタンには、クーデーターで誕生したイスラム主義的な軍事政権が、音楽をはじめとする文化活動を暴力的に弾圧した暗黒の時代があり、そうした社会で伝統音楽を守り続ける音楽家たちの情熱に焦点を当てた内容。

アジアンドキュメンタリーズでは、優れたアジアのドキュメンタリーを教育に活用する取り組みを行っており、感想文コンクールの実施もその一環。

0312-dc2
6月からはドキュメンタリーを活用した教育プログラムを新たに開発し、全国の中高大生200人に無償で提供する準備を進めている。また、こうした取り組みを実施するための支援をクラウドファンディングで募集している。

関連URL

「ドキュメンタリー映画感想文コンクール」受賞作品

クラウドファンディング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス