1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Liberaware、プレシリーズAラウンドで1.3億円の第3者割当増資

2019年4月25日

Liberaware、プレシリーズAラウンドで1.3億円の第3者割当増資

Liberawareは24日、プレシリーズAラウンドで、Drone FundとFFGベンチャーファンドの2社から総額1.3億円の第3者割当増資を実施したと発表した。

0425-lv同社は、今回の資金調達を通じて、小型産業用ドローンを活用した点検ソリューションの開発・提供を加速させる方針。

具体的には煙突、ボイラー、天井裏、ダクト内や配管などの点検作業の安全性を高めるため、「超小型ドローン」によるソリューションの提供を進めていく。

現在、大規模工業施設では、過酷な環境(狭い場所、粉塵、高音)、足場が必要な環境で点検作業を行なっており、超小型ドローンを導入すれば、遠隔で点検作業を行うことができ、作業員の身体的・精神的な負担の軽減や、作業時間の短縮などの効果が期待できる。

同社は、狭所空間の点検に対応した超小型産業用ドローンの開発・製造を進めており、4月からは「点検用ドローンとクラウドをパッケージにした点検ソリューションのサービス」を代理店と連携し、展開していく。

出資したDrone Fundは、ドローン・エアモビリティ関連分野のスタートアップを対象に出資を行う投資ファンド。「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現を目指している。正式名称は、千葉道場ドローン部1号・2号投資事業有限責任組合。

また、FFGベンチャーファンドの運営会社「FFGベンチャービジネスパートナーズ」は、ふくおかフィナンシャルグループのグループ会社で、福岡市中央区に拠点を置き、九州所在の12大学と財界とで設立した九州・大学発ベンチャー振興会議と連携し、ベンチャー企業などへ投融資業務を行っている。

関連URL

Liberaware

Drone Fund

FFGベンチャーファンド

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス