1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. チームラボの学習教材を活用した子ども向けプログラミング教室が開校

2019年8月30日

チームラボの学習教材を活用した子ども向けプログラミング教室が開校

STEAM学習振興会は29日、チームラボが提供するプログラミング学習教材を活用した共創型プログラミング教室「あそぶ!天才プログラミングの学校」をこの冬から全国で順次開講すると発表した。

学習教材「あそぶ!天才プログラミング」では、自分が描いた絵を自分が作ったプログラムで動かして、遊びながらプログラミングを学ぶ。プログラムはタブレットを操作しブロックを組み合わせて作るので、プログラミングの初歩的な考え方を直感的に学ぶことができる。

紙に自由に「ピープル」の絵を描くと、描いた絵に命が吹き込まれて草原の中に現れる。ピープルは、歩く・走るなどの移動、ジャンプや驚くなどのアクション、チアダンスやソーランなどの踊りなど、さまざまな動きをすることができ、タブレットから動きの順番や時間、方向などを指示することで、ピープルを自由に動かすことができる。

また、草原には周りの人が作ったピープルも一緒におり、他のピープルとぶつかったり話しかけられたり、一人では予期しないことが起こる。自分のピープルを通して、他のピープルにプログラミングで手を振ったりしてコミュニケーションすることで、お互いに影響し合い新しい遊び方を作っていくこともできる。

教室では、空間認識、分岐や繰り返しによる自動化、最短経路の探求タイミングを合わせる時間設計などを学び、プログラミング的思考による問題解決能力を身につける。また、ダンスや音楽、物語をつくるカリキュラムで創造を体験。現在あるものをよく観察し、型を学び、何度も組み合わせを変えて試すというプロセスを繰り返すことで、誰でも創造ができることを学ぶ。

さらに、数人のチームやクラス全員でグループワークに取り組む中で、ゲームに勝つために作戦を立てたり、より多くの人が楽しめるようにルールを工夫したりしながら、多様な解決方法が生まれるプロセスを体験することができる。

同教室は、先行テスト実施校である名古屋のグローバル進学塾「エコール・ドゥ・アンファン」を皮切りに、今年冬より順次開校していく。また、全国でのフランチャイズ展開、海外への展開も予定している。

関連URL

あそぶ!天才プログラミング

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス