1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工業大、「第15回全日本学生室内飛行ロボコン」自動操縦部門で優勝

2019年10月1日

金沢工業大、「第15回全日本学生室内飛行ロボコン」自動操縦部門で優勝

金沢工業大学は、9月28日・29日に東京・大田区総合体育館で開かれた日本航空宇宙学会主催「第15回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」の自動操縦部門で、同学の夢考房小型無人飛行機プロジェクトが優勝したと発表した。

チームのメンバー

自動操縦部門には9チームが参加。操縦により小型飛行機を滑走路から離陸させ、救援物資に見立てた「日清食品チキンラーメンmini」を3つ物資投下エリアに投下して帰還する「メインミッション」と、自動操縦による「自動水平旋回」「自動8の字飛行」「自動上昇旋回」「自動離着陸および自動投下」を行う4つのミッションで得点を競った。

夢考房チームの「アマツバメ」は、28日に行われた予選で大会史上初となる「自動離着陸および自動投下」を成功させた。続く29日に行われた決勝では、「自動上昇旋回」と「自動離着陸および自動投下」のうちの自動着陸は行えなかったものの、2位以下に大きく差をつけて圧勝した。

また、同チームは今回、救援物資を2つ一度に搭載して離陸できるよう翼幅を小さくするとともに主翼の取り付け角も変更。揚力を増加させるなどの機体設計の見直しを行い、「ベストデザイン賞」と「エアバス・ジャパン賞」を合わせて受賞した。

夢考房プロジェクトは2006年に発足、学生室内飛行ロボコンには翌年の第2回大会から出場しており、今回の優勝で2年ぶり3回目の優勝となる。

関連URL

金沢工業大学

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス