1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ソニーのデザイナーとクリエイティブ体験WS「自分マークをつくろう!」

2020年1月14日

ソニーのデザイナーとクリエイティブ体験WS「自分マークをつくろう!」

ソニー・サイエンスプログラムは、ソニーのデザイナーとクリエイティブ体験ができるデザインワークショップ「自分マークをつくろう!」を、2月11日に開催する。

ソニーの科学教育支援活動「ソニー・サイエンスプログラム」では、次世代を担う子どもたちの好奇心や創造性を育む機会を提供している。今回は、デザインプロセスを体験しデザインする楽しさや面白さが体験できるワークショップを実施する。

当日は、クリエイティブセンターのデザイナーと一緒に、実際にソニーで行われているデザイン作業と同じプロセスで自分のマークをデザインする。マークを考えるにあたっては、自分の特徴、特技、性格などを楽しく分析し、デザインするマークを見つけてもらう。

また、色と形の持つ力について学び、デザイン表現に役立てるほか、テーマに沿ってたくさんのアイデアを表現するスケッチ作業を体験する。そのアイデアの中から自分を最も表現しているデザインを1つ選び、パソコンの作画ツールを使ってデザイナーと一緒にマークを完成させる。完成した自分マークは、シールと缶バッジにしてプレゼントする。

ワークショップでは、自分の特技、特徴、性格などを分析することでデザイン表現をする手がかりを抽出する。自分自身を表現するマークをデザインすることで、個性を尊重したオリジナリティー表現の大切さ、創造することの楽しさを体験できるプログラムとなっている。

開催概要

開催日時 : 2月11日(火・祝)10:30~12:30と14:00~16:00
開催場所 : クリエイティブセンター田町〔東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町13階〕
参加条件 : 10:30~12:30小学4年生~中学1年生/14:00~16:00小学1年生~小学3年生
参加人数 : 各回10名 事前申込制
参加費 : 無料
申込締切 : 1月23日(木) *応募多数の場合は抽選とし、1月30日までに当落選通知のメールを送付する
申込

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス