1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 山本学園高、「NTTドコモ5G」活用した探求授業を19日公開

2020年2月10日

山本学園高、「NTTドコモ5G」活用した探求授業を19日公開

山本学園高校は、NTTドコモの5G技術が「探求授業」でどのように活用できるのかを実際の授業で検証するため、19日に同校で探究授業を公開する。

同校はこれまで、オープンパートナーとして、NTTドコモと教育における5G技術の活用について議論を進めてきた。

5Gの特性は、新学習指導要領の理念、特に「探究」授業を支える強力なツールになりうると捉えている。

そこで今回、「探究」授業の中のどのような場面で5G技術が活用できるのかを、実際の授業の中で検証することにした。

当日は、同校「ビジネスコース」2年生16人を対象に、「最新技術で支える山形の未来」というテーマで、4次元中継によるパネルディスカッション授業を行う。

同校とトヨタカローラ山形本社、山形市役所、NTTドコモ東北支社の4か所をネット回線で結び、多次元中継でパネルディスカッションを実施。

こうした取り組みは、全国的にも数が少なく、とりわけ山形では初の試み。今回の公開授業を通じて、山形の技術・教育の進捗を広く知らせたいという。

「公開授業」実施概要

実施日時:2月19日(水)13:25〜15:15(企画説明12:25〜13:15、質疑応答15:30~)
実施会場:山本学園高校・ICTルーム[山形県山形市城西町3-13-7]
授業内容:4次元中継によるパネルディスカッション授業
利用技術:NTTドコモ東北支社から5G回線で接続し、4Kの高精細な映像を中継。また、同校では山形パナソニックの協力で、光回線を利用し高精細な映像の受信やTV会議システムの接続を行う。
参加条件:県内の教育機関、教育関連企業の人
参加申込み:(メール)makoto-t@yamamotogakuen-h.ed.jp
*氏名、メールアドレス、所属先を明記

関連URL

山本学園高校

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス