1. トップ
  2. データ・資料
  3. 自宅での学習・仕事場所4割以上が確保出来ず =キュラーズ 調べ=

2020年5月22日

自宅での学習・仕事場所4割以上が確保出来ず =キュラーズ 調べ=

キュラーズは、休校措置やテレワーク等によって変化した自宅での過ごし方に関するアンケート調査を実施し、結果を発表した。

休校措置やテレワークの推進等によって、約4割の人が自宅で学習・仕事をする時間が増えたと回答。自宅での学習・仕事場所1位はリビングで、2人に1人が使用。キッチン(2.1%)や庭・バルコニー(0.9%)、納戸・ロフト(0.6%)等といった本来の用途とは異なる場所を活用している人も。

自宅での学習・仕事場所を確保出来ていないと答えた人は4割以上にのぼり、突如増えた自宅での学習・仕事を、こなす場所や環境が整っていない状況がうかがえる。

そのような状況を改善する為に利用を検討したサービスとしては、トランクルーム、ハウスクリーニング(各11.4%)が1位。

トランクルームを利用しようと思った理由としては、“部屋のスペースが狭すぎたため”“必要なスペースを確保するため”など、テレワークやオンライン学習を行う為の物理的なスペース不足を解消するための手段としてトランクルームを検討する人が増えているという。

この調査は、5月7日〜5月11日の5日間、全国20〜60代の男女882人を対象にWebアンケートで実施した。

関連URL

トランクルーム・キュラーズの申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス