1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 鴨川令徳高、全生徒にタブレット型PC「Chromebook」を無償貸出

2020年6月25日

鴨川令徳高、全生徒にタブレット型PC「Chromebook」を無償貸出

鴨川令徳高校(千葉県鴨川市)は、全校生徒に対し、タブレット型PC「Chromebook(クロームブック)」の無償貸与を、22日から開始した。

同校では、コロナ流行以前から「1人1台」の端末導入を決定。4月上旬に発注を済ませたものの、コロナの影響で納品が大幅に遅延し、ようやく6月に納品が実現した。

購入にあたり、学校側が費用の全額を負担。補助金を利用する場合に起きる「5年間更新不可」という縛りを受けることなく、早いサイクルでモデルチェンジができ、生徒に常に最新の学習環境を提供する。

導入する「Chromebook」は、生産性の高さに定評があり、学校内では授業中はもちろん、課外活動・生徒会活動・部活動などあらゆる場面で自由に使用できる。

学校や教師からの連絡や、生徒間でのコミュニケーション手段としても活躍。自宅へ持ち帰れば、予習・復習などにも活用でき、高い学習効果が期待できるという。

また、緊急事態宣言解除後も続けている授業のライブ配信の受信端末としても利用する。タブレット導入以前は約半数の生徒がスマホで受講していたが、高性能で画面の大きなタブレットを使うことで、より快適な環境で受講できる。

端末の管理自体は、基本的に生徒に一任する。ただし、不適切なサイトへのアクセスを防ぐために、グーグルの端末管理アプリケーションを導入。

また、1台ごとのWi-Fiの帯域幅が制限でき、使い過ぎを防止。生徒全員が同時に使用しても問題が起きないよう、同校では細心のコントロールを行うという。

関連URL

鴨川令徳高校

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス