1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LAPRAS SCOUT、データベース内のエンジニア候補者が150万件を突破

2020年6月30日

LAPRAS SCOUT、データベース内のエンジニア候補者が150万件を突破

LAPRASは29日、同社のAIヘッドハンティングサービス「LAPRAS SCOUT」のデータベース内のエンジニア候補者数が150万件を突破した、と発表した。

LAPRAS SCOUTは、従来の採用サービスのように候補者が自ら情報を入力する必要がない。Web上のSNSやGitHub、Qiitaのような技術的アウトプットをクローリング技術で収集し、それらを個人に紐付けてポートフォリオを自動生成する。

紐付けられた情報は、機械学習を活用して解析され、従来の履歴書では分からなかったようなスキルや志向性を可視化する。

今回、Web上から収集・紐付け・解析した候補者のポートフォリオ数が150万件を突破。これは日本国内のエンジニア職種に特化した採用サービスでは最も多い数字だという。

LAPRAS SCOUTを利用する企業は、この150万件のポートフォリオデータベースを横断して候補者検索、アプローチができる。

また今回、LAPRASに登録していない候補者にもワンクリックで企業からの興味通知を送信できる機能「カジュアルスカウト」をリリースした。

「カジュアルスカウト」では、LAPRAS SCOUTの連携サービスである自身のポートフォリオを確認できるサービス「LAPRAS」に登録していない候補者にも、ワンクリックで興味があることを通知できるようになった。

企業は気になる候補者に対してワンクリックで、自社が興味を持っていることを伝える。候補者にはメールで企業からのカジュアルスカウトが届き、それに対してリアクションすることでマッチングし、カジュアル面談などの選考プロセスに移行する。

興味を通知する機能は、昨年6月に対象をLAPRASに登録した約9000人のユーザーに限定してリリース。カジュアルスカウトの送信可能対象数は、現在約25万人。

関連URL

「カジュアルスカウト」

LAPRAS

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス