1. トップ
  2. 学校・団体
  3. プログラボ教育事業委、兵庫・雲雀丘学園高の情報科にカリキュラムを提供

2020年11月6日

プログラボ教育事業委、兵庫・雲雀丘学園高の情報科にカリキュラムを提供

プログラボ教育事業運営委員会は5日、雲雀丘学園高校(兵庫県宝塚市)の情報科の授業で使用するプログラミングに関するカリキュラムを、同校と共同で開発したと発表した。

同委員会は、阪急阪神ホールディングスグループのミマモルメが、讀賣テレビと共同で構成。これまで、同校と放課後の学校内プログラミング教室HiRo2Ba(ヒロバ)(HiBaRi Robot Programming Base)の運営や、新校舎「The Will House」内のプログラミング教育専用教室をプロデュースするなどして、連携を深めてきた。

今回、共同開発したカリキュラムは、11月から同校の授業で使用されるが、主な特長は、教材として比較的安価でありながら、各種センサーや無線通信も可能な「マイクロビット」を1人1台使用する。

また、ビジュアルプログラミング言語から授業を開始し、最終的にはAI開発でよく使われている「Python(パイソン)」でプログラムを作成する。

プログラボ専門スタッフによる事前の教員研修などのサポート体制を構築し、円滑な実施を支援していく。

同委員会は2016年、「知識・技能」だけでなく「思考力・判断力・表現力」を持ち、「主体性をもって多様な仲間と協働できる」真に社会に求められる人材を輩出したいという思いで、ロボットプログラミング教室「プログラボ」をスタート。

現在、直営校・フランチャイズ校合わせて全国48校を運営し、約4500人が在籍しているほか、自治体などへのプログラミング教育の導入支援などを行っている。

関連URL

「共同開発」の詳細

阪神電気鉄道

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス