1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SRJ、教育機関対象に「FUTURE」で思考力・表現力に特化した添削サービス提供開始

2020年11月16日

SRJ、教育機関対象に「FUTURE」で思考力・表現力に特化した添削サービス提供開始

ICT教材の企画開発・販売やキャリア教育普及事業を行うSRJは13日、Z会ソリューションズと共同し、全国の学校、学習塾等の教育機関を対象に、入試改革や学習指導要領で求められる思考力・表現力の育成のための新しい探究学習型アクティブラーニング教材「FUTURE」の添削サービスを提供すると発表した。


これからの教育では、「知識がある」というだけではなく、「物事を論理的に考え、自分の考えをまとめ、相手に正確に伝える力」がより求められる。学校教育にとどまらず社会においても、今後はコミュニケーション力やプレゼンテーション力などの思考力、表現力はより重要になってくる。

同教材は、1つのテーマに対して、ワークシート式テキストとグループディスカッションを組み合わせた1回の授業で完結できるアクティブラーニング型教材。朝日新聞「天声人語」や朝日中高生新聞から選ばれた時事テーマや、SDGsなど多岐に渡るジャンルの文章を課題設定のための情報として掲載している。

同教材を総合的な探究という教育指導の場で活用するにあたり、添削指導に関する教員の不安や手間を軽減するために、Z会ソリューションズと共同して、添削サービスを提供する。

同教材では文章を読み、今日の授業のテーマについて明確化する、自分の考え・意見を書き出し、整理する、グループで意見を交わし、さまざまな視点から考えを深める、作文を通して、自分がやりたい仕事のポイント(本質)をまとめることを「学びのメソッド」としている。AO・推薦入試の小論文対策として、自ら考え、伝える能力を養う、2022年度から導入される「探究」や、総合、道徳の学習教材として活用し、学びや仕事の目的を発見することで、意欲喚起し生きる力の育成につなげることを目的としている。

関連URL

SRJ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス