1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Pictoria、3Dゲームが作れるオンライン講座「はじめてのUnityコース」開講

2020年11月18日

Pictoria、3Dゲームが作れるオンライン講座「はじめてのUnityコース」開講

Pictoriaは、同社のオンライン講座「ツクアカ」で、開発プラットフォームのUnityを学びながら3Dゲームが作れる「はじめてのUnityコース」を、11月22日からスタートさせる。

今回開講するコースは、Unityを基礎から学び、オリジナルゲームを制作するというプログラムで、完全初心者から自分の好きなゲームを作れるレベルになるのが目標。

受講申込みをした後は、講義動画が見放題となり、自分の好きな時間・好きなタイミングで学習を進められる。

定期的な受講ペースを作るため、日曜日の決まった時間に「一斉受講タイム」を設定。運営からのリマインドを行い、希望者はそのタイミングで各自受講を進められる。また、進捗状況はマイページで管理することができる。

過去の「ツクアカ」講座同様、同コースでも週に1度のメンタリングを実施。一人ひとりに相談できるメンターがつくので、分からないところをきちんと消化させながら進められる。

また、どのタイミングで講座を申込んでも、「発表会」に1度参加できる。その「発表会」を目標に、受講や開発を進めていくことができる。

同コースは、22日から毎週1講ずつ受講できる。受講料(税込)は、「受講+メンタリング」が7万7000円、「受講+メンタリング+チャット質問サポート」が11万円。

Unityは、ユニティ・テクノロジーズが開発している、2D/3DゲームやVR/ARの開発プラットフォーム(ゲームエンジン)。公式発表によると、毎月150万人のクリエイターがUnityを使用し、50%以上のモバイルゲームはUnityで作られており、Unityゲームをプレイしているエンドユーザーも月間1.2億人いるという。

関連URL

「はじめてのUnityコース」詳細・受講予約

「ツクアカ」

Pictoria

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス