1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「U-25プロジェクト」、25歳以下の監督から5分以内のショートフィルム募集

2020年11月18日

「U-25プロジェクト」、25歳以下の監督から5分以内のショートフィルム募集

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF&ASIA」(ショートショート フィルムフェスティバル&アジア)は、2021年の開催に向けて、日本国内の25歳までの監督による5分以内のショートフィルムを、来年2月末まで公募している。

「SSFF&ASIA」は、2018年に学生部門を実施。2019年には「U-25プロジェクト」として拡大・展開。2021年も引き続き「U-25プロジェクト」の開催を決定し、ショートフィルム作品を募集することにした。

選ばれた作品は、「SSFF&ASIA 2021」のオンライン会場から全国に向けて配信され、入選監督は映画祭のセレモニーやイベントに招待される。

「U-25プロジェクト」応募概要

作品募集期間:11月17日(火)~2021年2月28日(日)
選考結果通知:上映作品は2021年4月末までに選考し、ウェブサイトで発表
登録料:無料
応募ガイドライン:
①プレミア規定:不問
②ジャンル:不問
③尺:5分以内(エンドクレジットを含む総尺)
④制作年:2020年1月以降に制作された作品
⑤制作国:全ての国の作品が対象
⑥監督:25歳以下の日本在住または日本国籍を有する監督(2021年3月末時点で25歳以下の人が対象)
⑦言語:英語と日本語以外の言語による作品は、オリジナル言語の対訳の日本語字幕もしくは英語字幕をつける
⑧応募素材:映像データ(Quick Time)またはBlu-ray Disc /DVD
賞:「優秀賞」10万円

詳細・応募

関連URL

パシフィックボイス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス