1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、「映像コンテンツの多⾔語化サービス」を12月から開始

2020年11月24日

アテイン、「映像コンテンツの多⾔語化サービス」を12月から開始

アテインは、既存の映像コンテンツのナレーション⾳声や字幕を多⾔語化するサービス(アジア地域と英語)を12⽉1⽇からスタートさせる。

同社は、外国⼈向け⽇本語eラーニング動画教材を多数制作しており、映像を正確に多⾔語に翻訳するノウハウを所有。

ナレーション⾳声やテロップ字幕だけではなく、映像内のPowerPointスライドなども多⾔語化対応できる(撮影⽅法によって対応⽅法が変わる)。各種他⾔語コンテンツを⽇本語へローカライズすることも可能。

具体的には、次のようなニーズに対応できる。
・研修⽤のeラーニング動画を多⾔語化し、グローバル化に伴って増加する外国⼈社員に対応したい(外国現地スタッフ⽤に活⽤したい)。
・会社案内や製品販促のプロモーションPR動画をYouTubeなどで多⾔語配信して、海外でのブランディングと海外顧客獲得に繋げたい。
・観光案内や売り物の解説や案内動画を多⾔語化して、外国⼈観光客のインバウンド対策をしたい。
・映像以外の各種既存コンテンツに多⾔語のネイティブナレーションと字幕表⽰を追加したい。
・他⾔語コンテンツから⽇本語へのローカライズをしたい。

対応⾔語は英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ミャンマー語・インドネシア語・タガログ語・タイ語・モンゴル語・ポルトガル語など。

同社は、社内に⾃社スタジオがあり、収録の段階から参画し多⾔語を想定したコンテンツを完成させることもできる。その場合は、収録・編集・オーサリング(mp4やDVDプレス)まで⼀貫した対応が可能。

関連URL

アテイン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス