1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パーソルキャリア、小中校向け「“はたらく”を考えるワークショップ」の参加校を募集

2021年2月19日

パーソルキャリア、小中校向け「“はたらく”を考えるワークショップ」の参加校を募集

パーソルキャリアは18日、全国の小中学校に提供しているキャリア教育講師派遣授業プログラム「小中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」の、2021年度参加校の募集を開始した。

このワークショップは、同社が全国の小中学校に無償で提供している、小学4年生から中学3年生を対象にしたキャリア教育プログラム。

同社のキャリアアドバイザーらが講師を務め、現場で培った経験・知識をもとに、自ら主体的に判断しキャリアを形成していくための「生きる力」を養う授業を行っている。2018年のワークショップ開始以来、全国延べ22校・2194人の子どもたち(2020年12月時点)に授業を提供。

同授業は、各学校の要望に応じて、1Dayプログラム、2Dayプログラム、カスタイムズプログラムの3種類を用意。授業では、たくさんの職業を知ることの大切さや、「何に」なりたいかではなく「なぜ」なりたいかを考えることの大切さを伝えている。

また、2020年度のワークショップでは、新型コロナの影響で「はたらく」の当たり前が変化しつつあるなか、これからの社会を自分らしく生き抜いていくために、子どもたちが今すべきことは何なのかについて一緒に考える時間も設けた。

各プログラムの概要

■「1Dayプログラム」
対象学年:小学4〜6年生
必要コマ数:2コマ×1回(合計2コマ)
内容:2Dayプログラムの重要な要素を1回の授業の中に凝縮したプログラム。仕事や職業選択とは何か、さまざまな職業を知っておくことの重要性などを、ワークショップを通じて体感できる。カリキュラム上、なかなか時間がとりにくい学校でも実施できる
■「2Dayプログラム」
対象学年:小学4〜6年生
必要コマ数:2コマ×2回(合計4コマ)
内容:1回目の授業では、「世の中の流れ」「仕事や職業選択とは」などを中心に仕事や「はたらく」に対する考え方を広げていく。2回目の授業では、さまざまな職業を知り、「はたらく」環境の中で信頼を得ていく重要性や、自立した大人になるための「主体性」を養う。また、1回目と2回目の間には職種についての調べ学習を行い、子供たちが頑張って調べた内容を「お仕事ブック」として冊子にまとめ各学校へ提供する
■「カスタマイズプログラム」
対象学年:小学4年生〜中学3年生(高校生は要相談)
必要コマ数:応相談
内容:教師と一緒に知恵を絞りながら、それぞれの目標を達成できるように授業提供やサポートを行う。授業内容は、同社のキャリアアドバイザーと、キャリア開発や人材育成分野の知識を交えながら、打ち合わせの中で決定し、各環境に適したプログラムを提案

詳細・申込

関連URL

パーソルキャリア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス