1. トップ
  2. データ・資料
  3. 緊急事態宣言明けの就活、83.8%が「オンライン説明会」を希望 =グローアップ調べ=

2021年3月31日

緊急事態宣言明けの就活、83.8%が「オンライン説明会」を希望 =グローアップ調べ=

グローアップは30日、緊急事態宣言中に就職活動を行っていた22卒就活生266人を対象に実施した「緊急事態宣言解除後の就活をどのように進めていきたいか」とのアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、初回接触となる会社説明会については、引き続き83.8%の学生が、「オンラインでの参加」を希望していた。

だが、面接・選考に関しては、「引き続きWeb面接の形で参加したい」と答えたのは51.9%で、48.1%は「場合によって、直接参加したい」と回答。

オンラインのメリットとして、交通費の削減や移動時間を短縮でき、より多くの企業の話を聞くことができることから、学生サイドではオンラインでの説明会が定着しつつある。

選考・面接に関しては、「2次選考以降や最終面接は対面が良い」という回答もあり、入社先の企業の雰囲気や、働く人の雰囲気を見て、企業を決めたいと思っているようだ。

また、地域別での傾向をみたところ、説明会に関しては、関東・地方関係なく、オンラインでの希望が多かった。

具体的には、「九州・四国地方」100%、「関東地方」87.97%、「東北・北海道地方」78.57%、「中部地方」77.42%、「近畿・中国地方」76.47%が、緊急事態宣言明けの説明会は「引き続きWeb面接の形で参加したい」と回答。

地方に比べて交通費がさほど高くない関東の学生も、説明会へのオンライン参加希望は88%と高くなっており、学生サイドでは「初回接触はオンライン」という認識が定着しているように思われる。

この調査は、スカウト型就活サービス「キミスカ」に登録している2022卒学生を対象に、3月22日~26日にかけて、メール送信後にアンケートフォームへの回答という形で実施。回答数は266人。

関連URL

調査結果の詳細

「キミスカ」

グローアップ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス