1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタルアーツ、摂津市の中学生向けに学習用端末の利活用ルールを考える職種体験実施

2021年7月12日

デジタルアーツ、摂津市の中学生向けに学習用端末の利活用ルールを考える職種体験実施

デジタルアーツは12日、大阪府摂津市の職種体験プログラムに参加し、同市の公立中学校2校の2年生向けに、学習用端末の利活用ルールを考える授業を実施すると発表した。


同プログラムは、摂津市のキャリア教育の一環で、生徒が企業の課題と企業努力を知り、チームで協力して課題を解決することで、これからの自分の生き方について考えるきっかけをつくることが目的。

同社は、7月から12月にかけて3日間、摂津市立第二中学校と摂津市立第四中学校の2年生向けに、学習用端末のルール作りのオンライン授業を実施。学習用端末を安全かつ便利に活用するためのルールを生徒と一緒に考える。

7月に実施する第1日目には、「インターネットセキュリティ」や、動画・SNSの投稿による個人情報漏洩などの「インターネットの危険」について学び、ルール作りとフィルタリングの必要性を実感。続いて、「インターネットの光(便利で楽しい面)と影(危険で恐ろしい面)を考慮し、学習用端末の利活用ルール(モラル面・フィルタリング設定面)を考える」というテーマのグループワークに取り組む。

その後、9~10月の中間発表までに意見をまとめ、プレゼンテーション。11月~12月の最終プレゼンで最優秀作品を選定し、同社ホームページで紹介する予定。

摂津市中学 2 年生向け職種体験プログラム 概要
対象:摂津市立第二中学校、摂津市立第四中学校(各校1クラス)
テーマ:学習用端末の利活用ルールを考える
実施日程:
第1日目:
7月13日(火)摂津市立第四中学校
7月16日(金)摂津市立第二中学校
第2日目:9~10月 [共通]
第3日目:11月~12月 [共通]

関連URL

デジタルアーツ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス