1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタルアーツ、最新のEmotet攻撃メールに使われる添付ファイルは2種類のみ

2022年3月28日

デジタルアーツ、最新のEmotet攻撃メールに使われる添付ファイルは2種類のみ

デジタルアーツは24日、マクロ付きofficeファイルについてのセキュリティレポートを公開したことを発表した。

デジタルアーツが受信したEmotetメールの例

Emotetは、2019年後半から2020年前半にかけて国内で猛威を振るったことで、一気に知られるようになったマルウェア。2021年1月末に一度テイクダウンしたが、同年11月に活動再開が確認され、現在国内で被害を大きく拡げている。

Emotetの多くは、メールに記載されたURLリンクや添付ファイルに仕込んだマクロを実行させ、マルウェアをダウンロードさせる手口。こうした添付ファイルは、マクロ付きの「doc」ファイルまたは「xls」ファイル、さらに「docm」や「xlsm」が使われている。

今回、復活したEmotetの攻撃メールを同社で分析し、メール拡散に使われるファイルのパターンを改めて抽出した。それによると、Emotetが2021年11月に再開して以後、メールによる拡散活動では「doc」「docm」「xls」「xlsm」の添付ファイルと、これらを格納した「パスワード付きZIPファイル」、メール内のURLリンクからダウンロードさせるものなど、さまざまな変化が見られたという。2022年3月時点でのメールによる拡散活動は、「xlsm」ファイルが添付されているパターンと「xlsm」を格納した「パスワードZIPファイル」が添付されているパターンの2種類のみとなっているようだという。

「Excel4.0(XLM)マクロ」とは、古いマクロの記述方法。しかし、新しいバージョンのExcelでも未だに実行可能となっており、アンチウイルス回避や解析妨害のため、このマクロを悪用した攻撃が多く存在する。「xlsm」ファイルを開いてコンテンツを有効化(マクロを有効)すると、非表示のシートにばらばらに記述された文字を使って組み立てられたコードによって「Excel4.0マクロ」が実行され、感染へと至るという。

従来のEmotetは、VBAマクロ実行後にPowerShellを呼び出して感染させる手法が多く使われていたが、2022年3月時点では「Excel4.0マクロ」しか用いられていない。

Microsoftは、2021年と2022年に2つの特徴的な発表をしている。まず、「VBAマクロ」は、「インターネットから取得したOfficeファイルのVBAマクロをデフォルトで無効化」する措置を、2022年4月以後に適用する予定。「インターネットから取得したOfficeファイル」とは、メールの添付ファイルも含まれる。また、現在のように利用者がワンクリックで簡単に「VBAマクロ」を有効できるという状況も改善される見通し。次に、「Excel4.0マクロ」は、「VBAマクロ」が有効であっても、「Excel4.0マクロ」だけを無効にできるという措置。こちらはすでに適用されており、2021年末までにMicrosoft 365ではデフォルトで「Excel4.0マクロ」は無効となっている。

Emotetの侵入経路の多くはメールの添付ファイルやメール本文に記載されたURL。このため、メールゲートウェイ部分でメール攻撃を防ぐ、マルウェアのダウンロードをWebプロキシで防ぐ、といった対策が有効ではないかとしている。

関連URL

セキュリティレポート

デジタルアーツ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス