1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JAMMIN、eboardとコラボでチャリティーアイテムを1週間限定販売

2021年7月20日

JAMMIN、eboardとコラボでチャリティーアイテムを1週間限定販売

京都発のチャリティー専門ファッションブランドJAMMINは19日、貧困、地域の格差、不登校など環境に左右されず、オンラインで学べる学習サイト「eboard(イーボード)」を広める活動を応援できるチャリティーアイテムを1 週間限定で販売すると発表した。

同サイトは、「学びをあきらめない社会へ」をミッションに、テクノロジーと人の力を組み合わせ、すべての子どもたちの学びが支えられる社会を目指して活動するeboardが運営するサイト。同ブランドは同サイトとコラボし、eboardの活動を応援するアイテムのオリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテム として、7 月 25 日まで、同ブランドEC サイトで1 週間の限定販売をする。

この期間に、チャリティーアイテムを購入すると、1 アイテム購入につき 700 円が eboard へに寄付される。寄付は、オンライン説明会の開催や現場での研修・サポート等、eboard を通じた学習機会を一人でも多くの子どもたちに届けるための資金として活用される。

ファッションアイテムとして「街で着られる」をコンセプトに、T シャツなどのデザインを製作。 デザインコンセプトは「学びの力」。さまざまな動物が思い思いに好きなものを持って歩く 姿を描き、一人ひとりが興味関心を学びの力に変え、それぞれのペースで人生を力強く歩んで ほしいというメッセージを表現した。また、通常応援している人だけでなく気軽に応援したい人が参加しやすいよう、アイテムの販売期間を限定するキャンペーンとした。 アイテムは、Tシャツで3500円(税・700円の寄付込、送料別)、販売期間は7月25日24時まで。

同ブランドは、京都発のチャリティー専門ファッションブランド。「社会が良くなってほしい」との願いが込められたデザイン、「どう使われるか」が明確な NGO/NPO へのチャリティー、MADE IN JAPAN のアイテムなど 「こだわり」を通じて、ファッションを楽しみながら、新しい世界と出会い・応援するきっかけを提供している。

関連URL

JAMMIN ECサイト

JAMMIN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス