1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. ライフイズテック×奈良県、「情報教育モデル構築に関する連携協定」を締結

2021年9月10日

ライフイズテック×奈良県、「情報教育モデル構築に関する連携協定」を締結

ライフイズテックは9日、奈良県教育委員会と、高校における「情報教育モデル構築に関する連携協定」を締結したと発表した。

同協定は9月7日付で締結。来年4月から高校で始まる「情報Ⅰ」の必修化への対応に向けて、同県内ステークホルダーとも協力を進めながら、プログラミング教育レベルを引き上げ、高校生の潜在力を最大限引き出すために、「共同ラボ」を立ち上げる。

また、連携協定を通じて、同社は、同県に対して、プログラミング学習教材提供にとどまらないサポートを実施。プログラミング学習を通じて、生徒一人ひとりが社会で活躍するためのスキルを学ぶ。

「連携」の概要

①「教え手の育成」:奈良県立高校・特別支援学校高等部の教員に対し、EdTech教材「ライフイズテックレッスン」を用いた研修を実施し、教員自身が「教わる」体験の提供を通じて、「情報Ⅰ」対応に向けた情報科教員の指導力強化を図る
②「学習プログラムの提供」:同県内の全高校の生徒に、オンライン完結プログラミング教材、ライフイズテックレッスンのアカウントを提供。選定したモデル校には、実社会でも活用されている「Python・AI」を学べるコースを、その他の高校には、Webデザインを学べるコースを、それぞれ提供する
③「コミュニティの形成」:共同ラボでは、教育委員会と同社が持つ経験とノウハウを持ち寄り、2022年度に向けた「情報Ⅰ」の対応準備を進める。まずは、モデル校で行われる実証授業の結果をベースとして、他高校でも活用可能な指導案を作成する
④「効果測定」:プログラミング教育の学習効果測定による学びのアップデートを行う

関連URL

奈良県

「ライフイズテックレッスン」

ライフイズテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス