1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神田外語大学と金沢工業大学、連携協定を締結 オンライン調印式とアバターロボットで交流

2021年11月16日

神田外語大学と金沢工業大学、連携協定を締結 オンライン調印式とアバターロボットで交流

神田外語大学は金沢工業大学と教育・研究活動に関する連携協定を締結し、11月18日に調印式を行う。同締結をもって、人文系の同大学と工学系の金沢工業大学は、互いの異なる専門分野の特徴や強味を生かし、教育・研究の充実と相互連携を強化していく。また、これまでにないイノベーションを生み、ニューノーマルの時代にたくましく未来を切り拓いていく力を備えた人材育成を目指すという。

調印式で使用予定の多地点等身大接続システム「SmoothSpace」

同学は「言葉は世界をつなぐ平和の礎」という建学理念のもと、1987年の開学以来、世界の懸け橋となる人材を育成してきた。キャンパス内には語学学習や、異文化理解教育を促す特徴的な施設が多数あり、実践的な語学運用能力と高いコミュニケーションスキルを備え、国際社会で活躍できる、グローバル人材の育成を目指す。

金沢工業大学は、人間形成を目的とする「教育付加価値日本一」をビジョンに掲げ、教育、研究、サービスの卓越性を追及し、「自ら考え行動する技術者の育成」を目標に、社会で活躍するために必要な力を身に着ける実践的な教育に取り組んでいる。

両大学の専門分野は異なるものの、SDGsの目標にもある学生の教育の充実を第一主義に掲げる理念は一致しており、文系と理系それぞれの特徴と強みを生かし、学生のために実質的な相互協力関係を築く取り組みを行ってきた。

このたび、金沢工業大学が文部科学省の「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン(デジタルDX)」補助金事業に採択され、「DXによる時間と場所の制約を超えた学びの場の創出」における取り組みにおいて、両大学を繋ぐ多地点等身大接続システム「SmoothSpace」が本学に設置される運びとなった。同大学も独自の学習システムの開発・導入の取り組みが文部科学省の同事業に採択されており、全学的にDXを推進している。DX推進の方針が合致し、本機器を導入することによって、両大学の交流・連携はこれまで以上に活発になり、これまでにないイノベーションを生むことが期待される。

両大学はこれまで形式的な調印は望まず、あえて連携締結をしていなかったが、これまでの実績をベースとして、さらに交流関係を昇華させたいと考え、同協定を結ぶ運びとなった。11月18日の調印式は、このたび設置されたSmoothSpaceを活用し、遠隔で実施する。また、調印式後には両大学の学生が今後取り組んでいく交流活動の内容について説明が行われ、スクリーン上に両大学のアバターロボットが映し出されるという。

関連URL

金沢工業大学

神田外語大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス