1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DNP、AIを活用した「魔法の虫めがね」の本格的な開発に向けてクラウドファンディングを実施

2021年12月14日

DNP、AIを活用した「魔法の虫めがね」の本格的な開発に向けてクラウドファンディングを実施

大日本印刷(DNP)は10日、AI(人工知能)を活用して子どもたちに「知ることの楽しさ」を伝え、興味・関心を育む「魔法の虫めがね」の本格的な開発に向けて、クラウドファンディングベンダー大手のMAKUAKEで、クラウドファンディングを実施すると発表した。

「魔法の虫めがね」は、AIを搭載した専用の「虫めがね」を本などにかざすと、印刷された文字・絵・写真・イラストなどをAIが認識し、その内容を音で伝える「魔法のような」情報機器。今回クラウドファンディングの対象とする「おとるーぺ」は、この「魔法の虫めがね」を活用した子ども向けの知育サービス。

「おとるーぺ」の特徴は、「虫めがね」で絵本などを覗くと、文字や場面を認識して、最適な朗読音声やBGMを再生する。「虫めがね」で覗いたモノを認識して、最適な効果音や説明文を再生する。また、子どもが調べた図鑑などの写真やAIの認識内容を保存し、親がスマートフォンアプリで参照でき、子どもが利用した履歴のデータから、子どもの興味関心を分析する。

同社は、今回、より多くのユーザーの意見をより効果的に素早く同サービスに反映するため、クラウドファンディングを通じたテストマーケティングを実施する。

今後DNPは「魔法の虫めがね」を活用した新しいサービスの創出に向けて、共創パートナーを募り、事業化を推進するという。

実施概要
実施期間:12月16日~2022年3月15日
税込価格:「魔法の虫めがね」本体と知育サービス「おとるーぺ」のクラウド利用料3カ月分で1万2800円
目標金額:300万円

MAKUAKE *プロジェクト公開(12月16日10時予定)後、閲覧可能。

関連URL

「魔法の虫めがね」

大日本印刷

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス