1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの習い事にかかる月額費用、「1万~2万円」が最多=イオレ調べ=

2022年3月24日

子どもの習い事にかかる月額費用、「1万~2万円」が最多=イオレ調べ=

イオレは23日、同社の連絡網サービス「らくらく連絡網」を利用している12歳以下の子どもがいる保護者411人を対象に実施した、「子どもの習い事に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「子どもは現在、習い事をしているか」を聞いたところ、9割以上(92.9%)が「習い事をしている」と回答。「していない」は7.1%だった。

どんな習い事をしているのかを尋ねたところ、最も多かったのは「水泳」(139人)。2018年に同社が実施した同様のアンケート調査から変わらず1位の「水泳」は、習い事の中でも手堅い人気なのが分かる。

また、「サッカー」「体操」などの運動系の習い事が上位にランクインし、6位~10位には「通信教育」「学習塾」「公文」といった勉強に関する習い事が多かった。その他、ランク外ではあるものの「そろばん」「野球」「柔道・空手」なども目立った。

習い事を始めた理由については、「体力づくりや運動能力の向上につながるから」という回答が多いことからも、運動系の習い事の人気が高いことが伺える。

また、「習い事に通わせてよかったと感じる点」を聞いたところ、「体が丈夫になった」「コミュニケーション能力が身についた」「本人が楽しく通えている」といった回答が目立った。

現在、習わせている習い事の数を尋ねたところ、「2つ」31.4%が最も多く、以下、「3つ」25.1%、「1つ」19.1%、「4つ」13.1%、「5つ以上」11.3%と続いた。2、3つの習い事を複数通わせている家庭が多いのが分かる。

最初に習い事を始めた年齢については、最も多かったのは「4歳」21.7%。「5歳」21.5%、「3歳」20.7%も僅差で、3歳~5歳のうちに習い事を始めさせる家庭が多い。

また、子どもの習い事にかかる月額費用を聞いたところ、「1~2万円」31.7%が最も多く、以下、「5000~1万円」20.9%、「2~3万円」20.7%と続いた。「5万円以上」も6.3%いた。

習い事の送迎に関しては、「母親」が行っているケースが78.5%と、他に大差をつけて多かった。また、世帯環境は「共働き世帯」が59.2%で最も多く、外で仕事をしながらも子どもの習い事の送迎を行っている母親が多くいることが分かった。

「これから始めようか検討している習い事」を聞いたところ、「学習塾」(87人)が1位で、検討している理由に関しては「将来的なスキルにつながるから」が最も多かった。

この調査は、「らくらく連絡網」を利用している全国の主婦・主夫を対象に、3月3日~9日にかけてインターネットで実施した。有効回答数は411人。

関連URL

調査結果の詳細

「らくらく連絡網」

イオレ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス