1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IGS、東京学芸大学院教授が監修「探究力測定」パッケージを中高校向けに販売

2022年5月27日

IGS、東京学芸大学院教授が監修「探究力測定」パッケージを中高校向けに販売

Institution for a Global Society (IGS)は、探究型学習で育成する「探究力」を評価する、「探究力測定」のパッケージを、中学・高校向けに、5月30日から販売を開始する。

「探究力測定」は、東京学芸大学大学院の西村圭一教授が監修。初回の実施校は割引となり、申込締切は6月30日。

「探究力測定」は、「総合的な探究の時間」など、探究型学習で伸びた4つのスキル(自律的探究力)と6つの能力(協働的問題解決力)を測定し、生徒一人ひとりの強み・課題を把握できる評価ツール。

シミュレーターによる絶対評価と生徒同士の相互評価を組み合わせることで、多面的に評価・データ化する。

「探究力測定」では、「探究力」を「多角的・複合的に事象を捉え、数理科学的な考え方と他の教科の学びを組み合わせながら、新たな知や解を創造する力」と定義。

これらの力を、探究型学習で伸びる「スキル」である「自律的探究力」と、「能力(行動特性)」である「協働的問題解決力」に分類し、それぞれに合った評価ツールで測定。2種類の評価ツールを「探究力測定」パッケージとして利用できる。

また、「自律的探究力」を、同教授が監修したシミュレーターテスト「数理探究アセスメント」で測定。「課題設定力」「実験計画力」「考察力」「創造力」を、絶対的評価で可視化する。

さらには、同社が国内外250校以上に提供してきた、AIを活用した相互評価ツール「Ai GROW(アイ・グロー)」で、6つの行動特性を可視化。具体的には、「個人的実行力」「決断力」「表現力」「柔軟性」「共感・傾聴力」「協働性」を、生徒同士で評価し、評価の偏りをAIが補正したスコアで算出する。

探究力育成につながる評価設計だけでなく、測定後の振り返りが重要であるため、「振り返りワークショップ(WS)」を実施できるよう、WSの手順書とワークシートも付いている。

また、同教授が講演する「探究力測定」に関する学校関係者向けの説明会を、6月2日17:00〜18:00にオンラインで無料開催する。

関連URL

「探究力測定」詳細

「探究力測定」説明会の詳細・申込

IGS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス