1. トップ
  2. データ・資料
  3. チャイルド・リサーチ・ネット、「子どもの生活に関するアジア8カ国調査」の結果発表

2022年8月31日

チャイルド・リサーチ・ネット、「子どもの生活に関するアジア8カ国調査」の結果発表

ベネッセコーポレーションの社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」が運営を支援する「チャイルド・リサーチ・ネット」(CRN)は30日、日本を含むアジア8カ国の5歳の子どもをもつ母親1973人を対象に実施した、「子どもの生活に関するアジア8カ国調査2021」の結果をまとめ発表した。

同調査に参加したのは日本、中国、フィリピン、マレーシア、台湾、インドネシア、シンガポール、タイの8カ国。

各国の共同研究者とともに、子どもの「ウェルビーイング」(心身の良好な状態、幸福)の状況と、その実現に必要と考えられる「レジリエンス」(困難な状況に適応して回復する力)に着目し、国際比較を通して共通点や相違点を見出した。


調査結果によると、8カ国共通で、子どものウェルビーイングにレジリエンスが関連していることが分かった。レジリエンスを育むことが、子どものウェルビーイングの実現に重要で、レジリエンスが高いほど、子どものウェルビーイング得点が高くなっている。


また、日本では、①母親の応答的な養育態度、②母親の子育て肯定感、③園(保育者)のサポート、④デジタルメディア使用時の母親のサポート、⑤遊べる友達の数が、子どものレジリエンスに関連していることが判明。

①~⑤の各項目を高群・中群・低群に分けて群ごとに子どものレジリエンス得点を比較すると、高群の方がレジリエンス得点が高いという結果が得られた。


さらには、日本以外でも多くの国で、①母親の応答的な養育態度、②母親の子育て肯定感、③園(保育者)のサポート、④デジタルメディア使用時の母親のサポートが、子どものレジリエンスに関連していることが分かった。

①母親の応答的な養育態度と③園(保育者)のサポートは日本を含む5カ国で、②母親の子育て肯定感と④デジタルメディア使用時の母親のサポートは日本を含む4カ国で、子どものレジリエンスに関連していた。

この調査は、アジア諸国にみる「ハッピー&レジリエントな子どもをどう育むか」をテーマに、アジア8カ国の都市部および近郊に住む、5歳(園児)の子どもがいる母親1973人を対象に、2021年8月~11月にかけて、アンケート(オンライン/質問紙)を取って実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「チャイルド・リサーチ・ネット」

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス