1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 本気イングリッシュ、「保育園・幼稚園 園児向けオンライン英会話」の販促強化

2022年9月6日

本気イングリッシュ、「保育園・幼稚園 園児向けオンライン英会話」の販促強化

オンライン英会話サービスを行う本気イングリッシュは1日、幼稚園・保育園を対象とした0歳児対応の「保育園・幼稚園 園児向けオンライン英会話」の販促強化を実施すると発表した。

オンラインで語りかける英語講師

同サービスは、英語が小学校から必修化されたことにより、保護者の幼児英語教育へのニーズは年々高まっている。少子化で園にも特色が求められる昨今、「コロナ禍で外国人講師が帰国してしまい、英語教育の人材を確保できない」という園の声を受けて生まれた。

同サービスの特徴は、ノートパソコン、Wi-fi環境、テレビがあれば立地を問わずにすぐに導入でき、分かりやすい月謝制を採用していること。外国人雇用に関する煩わしい事務作業は一切なく、外国人講師の確保が難しい園や、コロナ禍での対面リスクを極力減らしたい園でも、安定した質の高い英語レッスンの導入が可能なことが挙げられる。

従来からある1対1のレッスンに比べ、未就学児のオンライングループレッスンは並みの講師では務まらない。フィリピンのセブ島で、日本人の子どもへの対面英語レッスンを5年以上こなしてきたベテラン講師たちがレッスンを担当。園の指針やイベント行事に合わせて、園ごとにレッスンカリキュラムを作成し、園が希望する英語教育を提供する。

また、次回のレッスンの説明と要望のヒアリングを行う「事前打ち合わせ」の時間を毎週設定。日本人スタッフが通訳として同席するので学習内容を担当者も把握でき、レッスン中の様子や細かな要望を、日本語で担当講師に伝えられる。また、授業はZoomで録画し、その動画と学習内容が見られる専用ブログサイトを提供す。保護者に案内すれば、家庭でも一緒に復習ができる。

関連URL

サービス詳細

本気イングリッシュ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス