1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クラウドベースのLMS「iSpring Learn」、大幅アップデートを実施

2023年1月5日

クラウドベースのLMS「iSpring Learn」、大幅アップデートを実施

iSpring Solutions Inc.(米国)は4日、同社のクラウドベースのLMS 「iSpring Learn」の大幅なアップデートを実施したと発表した。

iSpring Learnは、研修コンテンツの開発から、配信の自動化、レポート収集、結果の評価まで、研修サイクルすべてを提供。インタラクティブなコース、評価、ロールプレイシミュレーション、研修動画作成のトップ評価のeラーニングコンテンツ作成ツール「iSpring Suite」とセットになっている。

アップデートした最新版は、スーパーバイザーに研修管理を委任する、従業員がプロジェクトに適切な同僚を見つける手助けをする、企業生活に引き込むなど、学習・人材開発マネージャーを強化する革新的な機能を導入。

その1つ「スーパーバイザーダッシュボード」は、スーパーバイザーとマネージャーの解決策で、チームの研修の進捗を追跡・管理できるようになり、今後は特定の部下、グループ、チーム全体の正確な進度を確認できる。

このダッシュボードでは、スーパーバイザーは課題確認、フィードバック共有、研修者との連絡ができ、新機能はコンピューターとネイティブのモバイルアプリの両方で利用できる。

「ファンクショナルスーパーバイザー」は、iSpring Learnの管理者の役割で、スーパーバイザーダッシュボードへのアクセスが必要ながらも、恒久的なスーパーバイザーや部門マネージャーでない人にぴったり。

また、インタラクティブな組織図は、ビルトインモジュールで、企業の構造を視覚化。すべての部門、そのマネージャーとチーム、企業の階級を表示する。各従業員にはフルネーム、肩書、写真、連絡先情報が入った自分自身のカードがある。

この機能は、企業構造の基本的な知識を得る必要がある新入社員や、同僚の邪魔をせずにすばやくタスクやプロジェクトに適切な人を見つける必要がある人に役立つ。このモジュールは自動的にHRMシステムと同期し、いつでも実際の情報があり、追加の設定は不要。

さらに、企業ニュースフィードは、会社のイベントやニュース、追加されたコース、製品の更新、従業員に知らせたいその他の話題をチームに通知するのに有効なツール。この機能は、企業生活での従業員のエンゲージメントと関心を高める。リアクションに基づき、事業に役立つ特定の情報に対する従業員の態度を評価できる。

また、改良版iSpring Learnカレンダーは、複数のカレンダーからすべてのイベントを集め、従業員は1カ所で使用できる。例えば、MS Outlookに次回の会議、Google Calendarに予定されたミーティングがある場合、Spring Learnは誰も欠席しないようにし、従業員は自分のLMSで近づいているすべてのイベントを見つけて適切に計画できる。

iSpring Learnは、1ユーザー当たり月額382円からスタートする3種類の料金プランがあるが、現在、30日間無料試行版と無料ライブデモを提供している。

無料ライブデモ

関連URL

「iSpring Learn」

iSpring Solutions

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス