1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Gakken、『天才!!ヒマつぶしドリル』が10万部突破

2023年1月12日

Gakken、『天才!!ヒマつぶしドリル』が10万部突破

学研のグループ会社Gakkenは10日、同社が2022年4月21日に発売した『算数と国語の力がつく 天才!!ヒマつぶしドリル ちょっとやさしめ』『(同)ふつう』の2冊が、累計発行部数10万部を突破したと発表した。

年間1万部売れたら大ヒットとされる参考書・ドリルの業界。その中で、同シリーズは異例の売れ方をしている。発売されるやいなや話題となり、WEBメディアやTVメディアでも多数取り上げられ、発売わずか8か月でシリーズ累計10万部の発行部数となった。

ドリルといえば、「ちゃんと勉強になる」、「信頼性が大事」という認識だが、同書は『ヒマつぶしドリル』というタイトル、「遊んでいたらアタマがよくなっちゃった」というオビの文言など、既存のドリルのイメージからはかけ離れている。しかし、その本が人を惹きつけてやまない。

同書は著者の田邉亨氏が運営する“りんご塾”の教材をベースに作成されている。滋賀県にある同塾は算数オリンピックの金メダリストを毎年のように輩出しているという、塾業界では名の知れた存在。しかも、同塾に通う子どもたちのほとんどは、私立小学校の受験などは経験していない、公立の小学校の児童たち。同塾はふつうの学校に通う子どもたちの学力を伸ばし、算数オリンピックのメダリストに育て上げている。

同書の「はじめに」には「没頭して楽しんでいる時間にこそ、子どもたちの天才性が育つ。」という内容が書かれている。これはりんご塾のメソッドの1つで、子どもたちが自分から解きたくなるような問題が多数掲載されているからこそ、同書は読者の心を掴んでいる。

またイラストを多用し読みやすくしたり、書き込みやすいように大きく開く仕様にしたりするなど造本にも工夫を凝らす。また天地182㎜、左右148㎜とドリルとしては小型のため携帯しやすく、スキマ時間の子どものヒマつぶしにも利用しやすい。

詳細

関連URL

Gakken

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス