1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 立正大学、AI対話エンジン「PKSHA Chatbot」を導入

2024年1月26日

立正大学、AI対話エンジン「PKSHA Chatbot」を導入

立正大学は23日、PKSHA Technologyのグループ会社であるPKSHA Workplaceが提供する「PKSHA Chatbot」の運用を受験生向け入試情報サイト上で開始したことを発表した。

受験生からの問い合わせに対し、スムーズで適切な情報の提供と、学生募集活動における課題発見とその改善を実現していく。

立正大学では、コロナ禍において増加したメールでの問い合わせに対応するために、2022年度からGoogleフォームによる受付を導入した。しかし、問い合わせに対する即時性に課題があり、受験生へスムーズに適切な情報を提供する方法を検討していた。

その中で、デジタルネイティブ世代である受験生が活用しやすいチャット形式のコミュニケーションツールを通じて、受験生が優良な接触機会体験を重ねて大学に対する認知や理解を促すことで、志願・入学意欲を高めることを目指して「PKSHA Chatbot」の導入を決定した。

「PKSHA Chatbot」の導入にあたり、Googleフォームで蓄積した約1年分の問い合わせ内容と回答内容を精査しカテゴリー別に整理。その作業を通じて、受験生や保護者等がどのような情報を求めているのか、大学側はどのような情報を提供することが適切かを想定し、問い合わせに対して網羅的に回答できるようにFAQを設定した。

今後は、実際の対応状況を随時確認しながら、内容の見直しを重ね、回答の精度をさらに上げていくという。

関連URL

立正大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス