1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生の学習環境、約4割が「塾・公文」に通い、4人に1人が「学童」を利用=イオレ調べ=

2024年2月1日

小学生の学習環境、約4割が「塾・公文」に通い、4人に1人が「学童」を利用=イオレ調べ=

イオレは1月31日、同社の連絡網サービス「らくらく連絡網」の利用者で、小学生の子どもを持つ子育て世帯108人を対象に実施した、「子どもの塾・学習環境に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、学校外での勉強に関して「活用している習い事やツール」を聞いたところ、「学習塾・公文」が約4割(38.9%)で最も多く、以下、「参考書やワーク」による自主学習(26.9%)、「学童」24.1%と続いた。「学童」はほぼ4人に1人が利用していた。


「学校外での勉強に掛かっている月額費用」を尋ねたところ、「5000円未満」41.7%が最も多く、次いで「1万~2万円」が21.3%だった。


また、塾に通う頻度に関する質問では、「週に2日」が最も多く全体の半数(50.0%)で、「週に1~2回」の通塾が全体の8割程度を占めている。


塾の授業形態については、「集団指導」が最も多く52.4%で、2位は「自習・自立学習指導」28.6%となっており、自習型の塾も人気が高いことが伺える。「オンライン指導」は2.4%にとどまった。


「現在通っている塾に決めた理由」を尋ねたところ、最も多かったのは「自宅からの距離や交通の便が良かった」59.5%。2位は「子どもが気に入った」31.0%で、利便性と子どもの意見が塾の決め手になっているようだ。

そのほか、「他の習い事と曜日を調整する必要があった」「子どもの学力に合っているレベルの塾を選んだ」などの意見も寄せられた。


塾に通っている理由としては、「学校の授業だけでは不安だから」との回答が最も多く半数以上(52.4%)を占めた。以下、「子どもが行きたいというから」26.2%、「中学受験を考えているから」23.8%などが続いた。


「転塾を検討しているか否か」との質問では、28.6%が「はい」と回答。また、およそ10人に1人が、すでに転塾を経験していた。転塾の理由で最も多かったのは「受験に特化した塾に切り替えるため」で、転塾を検討している人の23.5%が転塾の時期として「中学以降で考えている」と答えている。


また、塾に通っていないと回答した保護者に、その理由を聞いたところ、「勉強以外の習い事や遊びに時間を使ってほしいから」39.4%、「まだ通わせる時期ではないから」33.3%、「金銭的に余裕がないから」33.3%などの回答が多かった。

この調査は、同社の連絡網サービス「らくらく連絡網」の利用者で、小学生の子どもを持つ保護者を対象に、昨年12月11日~今年1月25日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は108人。

調査結果の詳細

関連URL

イオレ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス