1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/約7割がオンライン英会話サービス選びで安さを重視

2014年7月30日

MMD研究所/約7割がオンライン英会話サービス選びで安さを重視

MMD研究所は29日、「オンライン英会話に関する調査」の結果を発表した。

調査は、7月14日から18日にかけて、20代から50代の男女562人を対象に実施。

調査結果によると、英語学習を74.9%が「必要と感じる」と回答するも、「何もしていない」が67.3%にのぼった。何もしていない理由は「費用」「環境」「時間」が上位。

オンライン英会話サービスの認知度を聞いたところ、認知度は21.9%。

知っていると回答した人を対象に、知っているサービスを聞いたところ、「DMM英会話(58.5%)」「レアジョブ英会話(42.3%)」「産経オンライン英会話(19.5%)」が上位だった。今後のオンライン英会話の普及については「普及すると思う」「やや普及すると思う」を合わせ、47.2%が「普及する」と回答。

オンライン英会話の利用の有無に関わらず、オンライン英会話サービスを選ぶ際に重視する点を聞いたところ、「料金の安さ」が68.7%で最も高く、次いで「講師の質」が53.0%、「予約のしやすさ」が30.1%となった。

調査概要

調査期間:2014 年 7 月 14 日~7 月 18 日
有効回答:562 人
調査方法:インターネット調査
調査対象:20 代~50 代の男女
設問数 :8 問

関連URL

MMD研究所

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21