1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/約半数の母親が小学生の携帯に防犯・GPS機能が必要

2015年8月24日

MMD研究所/約半数の母親が小学生の携帯に防犯・GPS機能が必要

MMD研究所は21日、「小学生の携帯電話に関する調査」の結果を発表した。

調査では、小学生の子どもがいる20歳から40歳の母親642人を対象に、インターネット調査を実施。

キャプチャ1それによると、小学校高学年の携帯電話端末の所有率は約4割で、小学生の携帯電話利用料金平均額1419円、購入検討者の許容平均月額は1679円となっていることが分かった。

キャリアの携帯電話を所有する小学生の母親のうち、約3割が格安スマホ(格安SIM)への乗り換えを検討中だった。

キャプチャ母親が、小学生の子どもに持たせる携帯電話端末に必要だと思う機能は、最も多かったのが62.9%の「通話」で「防犯」と「GPS」がともに50.5%と続いた。

なお、調査データは4万9800円で販売。MMD研究所のWebサイトで申し込むことができる。

調査概要

調査期間:2015年8月6日~2015年8月7日(2日間)
有効回答:642人
調査方法:インターネット調査
調査対象:小学生の子どもがいる20~40代の母親
設問数:16問

関連URL

MMD研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス